南の海で潜りたい

ダイビング好きのブログです。夫婦でのダイビング旅行を中心に日々のつれづれを書いています。

2013/09

例によって暗い間から空を見ていました。今日は昨日よりは天気がよさそうな予感です。

Maldives587.jpg

Maldives588.jpg

今日の1本目はアリ環礁を代表するビッグポイントのFish Headです。まずはムレハタタテダイのお迎えです。

Maldives589.jpg

そしてカスミアジが小魚に次々にアタックします。見飽きません。

Maldives590.jpg

動画も撮ってみました。



コガネシマアジとツバメウオがホンソメワケベラにクリーニングされて気持ちよさそうにしていました。

Maldives591.jpg

Maldives592.jpg

棚の上でタイマイを2匹、さらに安全停止に入る途中で1匹の計3匹を見ました。

Maldives593.jpg

Maldives594.jpg

大満足でダイビングを終えて朝食です。

Maldives595.jpg

Maldives596.jpg

さて、アリ環礁もFish Headまで来たからこのまま一気に南下かなと思っているとイクエーター号が動いていません。

外を見て見るとモルディビアンスターズ号(ドーニ)がイクエーター号の前に来てロープで繋ぎ、走り出します。イクエーター号のエンジンが不調とのことで、とりあえずエンジンを直しながら少しでも進めるようにドーニに引っ張ってもらうとのことでした。しかしいかに快速のドーニといえどもドーニですから引っ張られてもあまり進んでいる気がしません。しかし、1時間もかからずにエンジンは無事に動き出しました。この間のカオリータはかなり胃が痛かったと思いますがエンジンが直って本当によかったです。

Maldives597.jpg

Maldives598.jpg

アリ環礁を南下して行き、「マンタシュノーケリング行きます!」と声がかかって、皆でドーニに乗り込みます。カオリータから注意事項の説明があり、クロちゃんを先頭に飛び込みます。

Maldives599.jpg

Maldives5a0.jpg

他のグループもいますが、「ここ、ここ。」と指される方向を見るとマンタがグルグルと回っています。

Maldives5a1.jpg

Maldives5a2.jpg

ちょっと透明度が悪いのがいまいちでしたが、それでもマンタを堪能しました。

思いっきり泳いだ後はお昼ご飯です。この日はデザートにアイスが付きました。そして昼食で集まったついでにジンベエシュノーケリング、ジンベエダイビングのブリーフィングがminminからありました。

Maldives5a3.jpg

Maldives5a4.jpg

minmin もクロちゃんもトップデッキでガンガン陽にあたりながらジンベエを探してくれています。いつもありがとうございます。

Maldives5a5.jpg

Maldives5a6.jpg

僕はかみさんと二人で後部デッキでのんびりしていました。するとそれほど間をおかずにカオリータの「ジンベエ!」の声が聞こえます。急いでフィンとマスク、シュノーケルを持って後部デッキ下へ並びます。先に入ったSHAMEEの合図を待って急いで飛び込みます。

Maldives5a7.jpg

Maldives5a8.jpg

しかし、ちょっと深いです。こんな写真しか撮れませんでした。いったんドーニに上がって引き続きダイビングでジンベエを狙いますということで、ダイコンを部屋に置いてきてしまったので、一度部屋に帰ってからドーニに戻って潜ります。

minminを先頭にして1チームで潜ります。

Maldives5a9.jpg

すると泳ぎだしてすぐにジンベエの登場です。

Maldives5b0.jpg

Maldives5b1.jpg

Maldives5b2.jpg

あっという間に深場に行ってしまいましたが、いきなりのジンベエゲットに大興奮です。

そのあとは棚に沿って流していき、そろそろおしまいかなと思っているところにまた出ました。ジンベエです。

Maldives5b3.jpg

Maldives5b4.jpg

今回もスピードが速くてついて行けませんでしたが、それでも写真に収めて、この目で見ることが出来て大満足です。

そしてこの日3本目のダイビングはKudarah Thilaに潜ります。ここもヨスジフエダイがたくさいました。

Maldives5b5.jpg

HUSEYANがクダゴンベを探してくれました。

Maldives5b6.jpg

ヒメフエダイが群れていました。

Maldives5b7.jpg

モルディブアネモネフィッシュも1つのイソギンチャクに大量に群れています。

Maldives5b8.jpg

さて夕飯です。

Maldives5b9.jpg

しかし、夕飯の前から既に後部デッキでビールを飲み始めていて食事開始時というのに既にビールが半分空いています。

Maldives5c0.jpg

エンジントラブルで一時はどうなることかと思いましたが、終わってみればジンベエもマンタも見られて充実した一日でした。

朝5時ころ目を覚まして後部デッキに行くと、すごい雨降りでした。

Maldives553.jpg

ちょっと憂鬱な気分になりましたが、それでも日が上がるころには止んでやれやれです。

Maldives554.jpg

この日も1本目はRasdhoo Madivaruに潜ります。

クマザサハナムロの群れをカスミアジが追いかけます。

Maldives555.jpg

Maldives556.jpg

ホワイトチップシャークを見たりして棚の上を進んでいるとカオリータが急に前方左を指しながらダッシュします。見ることが出来たのはシノノメサカタザメということでカオリータ曰く「ジンベエなんかよりはるかにレア」とのことでラッキーでした。ちなみにサメ図鑑で見て見たらサメと名前がついていますが、分類上はエイの仲間になるそうです。

Maldives557.jpg

Maldives558.jpg

ユカタハタ、それにまたハダカハオコゼを見ることが出来ました。

Maldives559.jpg

Maldives560.jpg

イエローヘッドバタフライフィッシュとオウギチョウチョウウオです。珍しいサメを見られて満足の1本でした。

Maldives561.jpg

Maldives562.jpg

ダイビングを終えると朝食です。

Maldives563.jpg

Maldives564.jpg

そしてボートはアリ環礁に移動します。2本目のポイントはHafsa Thilaです。

この魚はササムロでよいのでしょうか。

Maldives565.jpg

そしてイソマグロがぐるんぐるん泳いでいます。

Maldives566.jpg

棚の上でサメがぐるんぐるん回るのを延々と見ていました。

Maldives567.jpg

Maldives568.jpg

Maldives569.jpg

Maldives570.jpg

動画も撮ってみました。



そして昼食です。いつものようにカレーも出てます。

Maldives571.jpg

Maldives572.jpg

そしてこの日の3本目はFesdu Wreck、沈船ポイントです。

これが、沈船の船尾部分でしょうか。

Maldives573.jpg

ニシキフウライウオを見ることが出来ました。

Maldives574.jpg

ソフトコーラルもきれいです。

Maldives575.jpg

タイマイが下の方を泳ぎます。

Maldives576.jpg

棚の上ではアケボノチョウチョウウオ、そしてインディアンフレームバスレットの群れがきれいでした。

Maldives577.jpg

Maldives578.jpg

通常ならこの3本でダイビングは終了ですが、今日のイクエーター号の停泊地は夜に明かりをつけておくとマンタがやってきて捕食の様子が見られるので、希望者はダイビングで見ましょうとのことで夕飯が遅くなるので、おやつが出ました。

Maldives579.jpg

Maldives580.jpg

マンタを待ちますが現れないので夕飯です。

Maldives581.jpg

Maldives582.jpg

シャコや大量のプランクトンは来るのですが、肝心のマンタが現れません。カオリータから今日のナイトマンタダイビングは無しとの宣言があり、その後もしばらく海を見ていましたが、マンタは現れないので部屋に戻ってベッドに入りました。

Maldives583.jpg

Maldives584.jpg

ベッドに入ってうとうとする間もなく、minminが「マンター!」と叫ぶ声が聞こえます。急いで後部デッキに行くと、小型ですが確かにマンタらしい影がたまに姿を見せてくれました。しばしマンタウォッチングをしてから眠りにつきました。

Maldives585.jpg

Maldives586.jpg

また例によって早起きして5時ころから空を見ていました。今回のクルーズではこの後の日もNさん、Tさん、Sさんたち数人が早起きしていて心強かったです。

Maldives523.jpg

Maldives524.jpg

7時起床で7時15分からブリーフィングです。まずはダイビング全般におけるブリーフィングです。

Maldives525.jpg

そして続いて1本目のポイントのMaagiri Rockのブリーフィングです。

Maldives526.jpg

ブリーフィングを終えるとドーニに乗り換えてポイントへ向かいます。そして潜るとなんと水が黄色いです。ひどい濁り具合でヨスジフエダイが黄色い水に紛れてはっきり見えません。

Maldives527.jpg

おもいっきり寄ってようやくこんな感じです。

Maldives528.jpg

モルディブアネモネフィッシュやオーロラシュリンプゴビーも濁りのなかパッとしません。

Maldives529.jpg

Maldives530.jpg

ハナミノカサゴ、スパゲッティガーデンイールなども見てとりあえず、1本目のダイビングを終了です。

Maldives531.jpg

Maldives532.jpg

1本目のダイビングを終えて、すぐに朝食です。

Maldives533.jpg

おかゆとマスフニそしてロシ、ソーセージ、チーズ、野菜とスイカです。

Maldives534.jpg

少し休憩すると、2本目のダイビングポイントのNassimo Thilaに潜ります。しかしやはり濁っています。タテジマキンチャクダイもクマザサハナムロも黄色くそまります。

Maldives535.jpg

Maldives536.jpg

ミスジチョウチョウウオもロウニンアジも黄色です。

Maldives537.jpg

Maldives538.jpg

唯一いくらでも寄れるソフトコーラルは元の青い色が出ます。

Maldives539.jpg

しかし、ちょっと遠いところを泳ぐタイマイはやはり黄色です。

Maldives540.jpg

ダイビングを終えると昼食です。

Maldives541.jpg

デザートのアイスが付きました。

Maldives542.jpg

カオリータから話があり、透明度が悪いので一気に環礁移動しますとのことでした。急いで部屋に戻って揺れに備えます。ところが、そんなに無茶苦茶に揺れた訳ではないのに、酔って戻してしまいました。揺れを必死にこらえて、Rasdhoo環礁に到着です。Rasdhoo Madivaruに潜ります。

Maldives543.jpg

クマノミのいるイソギンチャクを見ると、アカホシカニダマシが隠れています。

Maldives544.jpg

砂地へ行くとドラキュラシュリンプゴビー、オーロラシュリンプゴビーがいました。

Maldives545.jpg

Maldives546.jpg

ハダカハオコゼを見てから根の向こう側を見るとサメも泳いでいます。透明度も北マーレよりは多少はよくなってやれやれです。

Maldives547.jpg

Maldives548.jpg

そして夕飯です。昼間の船酔いがまだ残っていて、無理やり流し込んだような夕飯になってしまいました。

Maldives549.jpg

Maldives550.jpg

夕飯のあと、minminが水面に浮いているものを網ですくうと光るとこのことで、みんなで見物です。

Maldives551.jpg

下のピンクの輪の中の青いのがそでです。きれいに光っていてこの後さらに透明な瓶に入れられて、写真に撮られて観察されていました。

Maldives552.jpg

またまたイクエーター号のダイブクルーズにかみさんと二人で行ってきました。
8時に家を出発していつものように京急、都営浅草、京成を使って無事に成田空港に向かいます。今回はダイビング用のキャスターバッグが壊れてしまったので、普通のスーツケースでお出かけです。

Maldives501.jpg

成田空港が近づくにつれて回りがスーツケースだらけになってきて、やがて成田空港に到着です。

Maldives502.jpg

成田空港ではいつもの通りTravelexで両替です。800ドルをJCBカードで入手しました。レートは1ドルが 103.23です。円安がちょっと手痛いですがしかたありません。出発ロビーへ向かい、Bカウンターでチェックインです。

Maldives503.jpg

ボーディングまではまだ時間があったので、カードラウンジに入ってビールで乾杯です。

Maldives504.jpg

スリランカ航空のコロンボ行のA330は5分遅れのボーディングということで、ほぼ定刻の出発です。

Maldives505.jpg

Maldives506.jpg

上空に上がり、機体姿勢が安定するとまずはドリンクのサービスです。またまたビールで乾杯です。

Maldives507.jpg

そして食事はフィッシュの海鮮照り焼き丼(サーモン、ミニ帆立、海老、錦糸玉子、おくら、人参、椎茸)を2人とも選びました。

Maldives508.jpg

オブリビオン、図書館戦争、アイアンマン3と映画を立て続けにみるとようやく2回目の食事です。二人ともにフィッシュのオリエンタルフライドライス&シーフード(かさご、ミニ帆立、ブラックビーンソース和え、グリーンアスパラガス、人参)を選びました。

Maldives509.jpg

そして、ようやくスリランカに到着です。

Maldives510.jpg

コロンボの空港で降りてトランジットのために通路を歩いていると停電です。動く歩道が止まり、照明も一部が落ちて暗くなってしまいましたがとりあえず搭乗口へと向かいます。搭乗口の手前の手荷物検査がやはり停電のため止まっています。

Maldives511.jpg

Maldives512.jpg

とりあえず、座って待とうかと思って回りを見回しますが、椅子は全て埋まってしまっていて座れません。どうしようかと思っているとすぐに電気は復旧して手荷物検査が開始されました。

Maldives513.jpg

けっきょくほぼ時間通りに搭乗することが出来ました。

Maldives514.jpg

軽い食事が出ていよいよマーレに到着です。

Maldives515.jpg

Maldives516.jpg

空港にはminminとクロちゃんが迎えに来てくれていました。さっそくドーニに乗り込み、イクエーター号に向かいます。

Maldives517.jpg

Maldives518.jpg

そしてイクエーター号に到着するとボートブリーフィングですが、リピーターの僕らは除外です。ただ、カオリータが以前との違いだけを教えてくれて解散です。さっそく今回割り当てられた6号室に入ります。

Maldives519.jpg

Maldives520.jpg

以前はシーツでベッドの飾り付けがしてありましたが、タオルケットを使うようになりましたとのことで、飾り付けもシーツの代わりにタオルケットでしてあります。

Maldives521.jpg

スーツケースから荷物を取り出し、ダイビング器材はカゴに入れて廊下に出しておくとスタッフがドーニに運び込んでセッティングしてくれます。そうこうする間に時間は11時45分です。日本時間なら3時45分です。とっととベッドに潜り込みました。

Maldives522.jpg

↑このページのトップヘ