南の海で潜りたい

ダイビング好きのブログです。夫婦でのダイビング旅行を中心に日々のつれづれを書いています。

パラオ

一昨日から昨日へとだんだんと回復してきた天候が今日はすっかりとよい天気になりました。今日はウーロン方面に行きますとのことでした。palau544
1本目からウーロンチャネルに潜ります。ホソフエダイが群れていました。
palau545
深い位置で小さなサメが何匹も集まってぐるぐると回っていました。
palau546
ヤマブキハゼが全身を穴から出していました。
palau547
Erwinがウミシダからコマチコシオリエビを探して見せてくれました。
palau548
さらにこちらのウミシダからはウミシダウバウオです。結局ウーロンチャネルはまるで流れずキャベツコーラルまで行きつかずに終わってしまいました。
palau549
水面休憩の後、2本目はグラスランドに潜ります。まずはお約束の手のクリーニング。
palau550
ここでもチンアナゴです。
palau551
ホウセキキントキが群れていました。
palau552
テングカワハギがサンゴの影に隠れていました。必死になって撮影していたらこの後、まるでサンゴに隠れずにいる個体がたくさんいて力が抜けました。
palau553
午前のダイビングを終えてお昼ご飯です。メインは白身魚の南蛮でした。
palau554
3本目はシアスコーナーに潜ります。ホホスジタルミの幼魚がいました。
palau555
カスミチョウチョウウオが群れていました。
palau556
透明なエビがいました。以上で本日のダイビングは終了です。
palau557
今日の夕飯はWCTCのお隣にあるYano's Local Food Marketで魚とサラダとチキンステイックを購入しました。
palau558

この日は昨日より天気は回復してきていて青空ものぞく天気になりました。ボートにゲストは3人だけでしたが、途中で早朝ダイビングの人が移動して加わるとのことでした。今日もボートはゲメリス方面に向かい、1本目はジャーマンチャネルです。ガイドのErwinが砂地でカレイ?ヒラメ?を教えてくれました。
palau529
ツカエイが砂に埋もれていました。
palau530
チンアナゴが砂地から顔をのぞかせていました。
palau531
ウミウシがいました。シラナミイロウミウシでしょうか。
palau532
オオメカマスの群れが横を泳いで行きました。
palau533
そして今日もマンタを見ることができました。
palau534
1本目のダイビングを終えてボートに上がると昨日のボートで一緒だった人が4人早朝ダイビングから移動して加わっていました。イルカがいるとのことでボートをそちらに寄せるとイルカが寄って来てくれました。
palau535
水面休憩の後、今日もまたブルーコーナーに潜ります。ただし今回はマクロ穴に行きますとのことです。一気に水深30m過ぎまで潜りまずはヘルフリッチを探します。穴の左端にいるとのことでしたが、確かにいました。とりあえず写真を撮り穴の右側に移動してみるとアケボノハゼがたくさんいました。
palau536
アケボノハゼを撮るとガイドのErwinが呼ぶので行ってみました。こちらにもヘルフリッチがいました。これは独占していたので落ち着いて写真を撮ることができました。
palau537
ハゼを見終えて棚の上に行くとタコのオスとメスが近くにいました。この後安全停止をしながら上から見ていると交接をしていました。
palau538
そしてお昼ご飯です。今日のおかずのメインはハンバーグでした。
palau539
3本目もブルーコーナーです。今度は普通に潜ります。見渡すかぎりのグレイリーフシャークですごい迫力でした。
palau540
視界の範囲に絶えず4~5匹以上のグレイリーフシャークがいる状態が続きました。
palau541
棚の上ではモンツキカエルウオがかわいい顔をのぞかせていました。
palau542
夕飯は一昨日と同じ店でフライドチキンとフライドポテトを買い、昨日のピザの残りを食べました。
palau543

さあ今日から4日間ダイビングです。しかし天気が悪くて寒いです。今回もクルーズコントロールにお世話になります。ボートはゲメリス方面に向かいますが雨は降ってくるし風は冷たいしでボートコートなしではいられない天気でした。ほんとにレンタルのボートコートがありがたいです。
palau513
まずはジャーマンチャネルに潜ります。潜り始めて少し泳ぐとマンタのクリーニングステーションはまだですがすぐにマンタが現れました。
palau514
クリーニングステーションに着くとここでもマンタが現れてくれました。
palau515
途中からマンタが2匹に増えました。
palau516
エギジットしようと深度を上げて行くとその下をマンタが通り過ぎて行きました。まるまる1本マンタを堪能しました。
palau517
水面休憩の後、ブルーコーナーに潜りました。棚の上でカレントフックを掛けてフィッシュウォッチングです。
palau518
グレイリーフシャークがどんどん現れます。
palau519
オオメカマスの群れも現れました。
palau520
カレントフックを外して流されていくとブラックフィンバラクーダがいました。
palau521
ヨスジフエダイとノコギリダイが混ざって群れていました。
palau522
ミヤコテングハギが大きな群れをつくっていました。
palau523
ここでお昼ご飯です。鳥の唐揚げが大きくて食べ応えがありました。
palau524
3本目はニュードロップオフに潜りました。ここでもカレントフックを使ってフィッシュウォッチングです。グレイリーフシャークをここでも見ました。
palau525
途中でカレントフックを掛ける場所を変えると目の前までフレイリーフシャークが来てくれました。とくにこの尾びれの欠けたのが何回も目の前に来てくれてすごい迫力でした。
palau526
帰りもさえない天気の中を凍えながらダイビングショップへと帰りました。
palau527
夕飯はSURANGEL'Sで買った冷凍ピザをホテルの電子レンジで解凍して食べました。
palau528

空港への送迎のピックアップが午前2:45だったので1時に起き出してパッキングを開始したら1:45にはほぼパッキングを完了してしまいました。

2:45を少し過ぎて迎えのバスがやって来ました。空港へと送ってもらい、チェックインをして荷物を預け出国審査を終えて出発ゲートの前で待っていると今日は母の日ということでデルタ航空のスタッフからお菓子をもらいました。
palau380
飛行機はほぼ時刻通りに離陸しました。機内では食事が出ましたが超早朝だったので軽い食事でよかったです。
palau381
ドリンクは早朝でしたがビールも頼めたのでミラーライトを飲みました。
palau382
食後の飲み物はまたコーヒーを飲みました。
palau383
機内エンターテイメントはX-MEN:アポカリプスを見ました。実は行きの機内でも最初を少し見たのですが食事が出てきたときに止めたつもりが止まっていなくて再び見ようとしたら思いっきり話しが進んでしまっていたので帰りの機内でまた見ることにしました。しかしマーベル作品はどれもすごいです。
palau384
成田が近づいたころに大きなクッキーとドリンクが出てきました。クッキーは食べる気がしなかったので食べませんでした。
palau385
成田には定刻よりも早く到着しました。
palau386
入国手続きを行い、荷物を受け取って制限エリアの外に出るとすぐにJAL ABCに荷物を預けて身軽になり駅に向かい、9:47発の電車に乗りました。
palau387
青砥で羽田空港行に乗り換えると押上で三崎口行に乗り継ぎが出来たので乗り換えて無事に横浜の家までたどり着きました。

今日は明日の帰りのフライトの時間が早いので早朝ダイビングです。まだ薄暗いうちに出航です。
palau364
まずはブルーコーナーに潜ります。イソマグロです。
palau365
そしてギンガメアジの群れ。
palau366
グレイリーフシャークです。
palau367
カレントフックを棚にかけてサメを見ました。今日は強すぎず弱すぎずいい感じの流れでした。
カレントフックを外して棚の上を流されていくとカスミチョウチョウウオが群れていました。
palau368
またグレイリーフシャークを見てエギジットです。
palau369
島陰に移動して朝食です。ご飯に具を加えて海苔でその場で巻いてくれます。これはおかかと梅干を巻いてもらいました。
palau370
2本目はジャーマンチャネルに潜ります。まずはグレイリーフシャークです。
palau371
オキフエダイとイッテンフエダイが一緒に泳いでいました。
palau372
カスミアジが2匹泳いでいきました。
palau373
残念ながらマンタは出ませんでした。
ダイビングショップへと戻り、お昼ご飯のカレーライスを食べてからホテルへと送ってもらいました。
palau374
ホテルに帰ると濡れた機材や水着をベランダに干します。
palau375
午後はログ付けなどをして過ごしました。夕方になったのでここまでは食事はWCTCショッピングセンターで買ったもので適当に済ませていたのですが、最後の晩はローカルが食べるようなお店に行ってみようということでエマイメレイレストランに行ってみました。
palau376
しかしネットの評判通りの安いのにすごいボリュームの食事でした。最後は根性で食べ切りました。
palau377

palau378

palau379

↑このページのトップヘ