南の海で潜りたい

ダイビング好きのブログです。夫婦でのダイビング旅行を中心に日々のつれづれを書いています。

トラギリ

じぶんたちの席にも慣れて、朝食の様子にも慣れてかみさんの朝食はがっつりです。

maldives333.jpg

maldives334.jpg

ちか子さんは昨日は講習でファンダイビングのガイドをしてもらえませんでしたが、この日は僕らのダイビングのガイドをしてもらえました。

maldives335.jpg

まず午前はKAHAMBU THILAに潜りました。昨日のロブスターステーションでは見られなかったゴシキエビやきれいなソフトコーラルにヨスジフエダイの群れ、ムレハタタタダイなどを見ました。

maldives336.jpg

maldives337.jpg

maldives338.jpg

maldives339.jpg

maldives340.jpg

お昼は昨日に引き続きバーでカレーとサンドイッチです。今日はサンドイッチをトーストされたものにしたら GOODでした。カレーは今日もおいしかったです。

maldives341.jpg

maldives342.jpg

午後はMAAGIRI CAVESに潜ります。

maldives343.jpg

maldives344.jpg

maldives345.jpg

maldives346.jpg

ダイビングから戻った後にハウスリーフでシュノーケリングをしました。カメラを持って入らなかったのですが、マダラトビエイの子供、パウダーブルーサージオンフィッシュ、サドルバックバタフライフィッシュ、ミスジリュウキュウスズメダイなどたくさんの魚を見ることが出来ました。

夕飯はこの日は白ワインで乾杯しました。料理を食べるのは控えめにして無事にデザートも楽しむことができました。

maldives347.jpg

maldives348.jpg

眠れないので日が昇る前から起きだして、海を眺めていました。

maldives317.jpg

maldives318.jpg

朝食は7:30からですが、少し早めに出かけて卓球をしてから朝食です。まずは初日にこの先滞在中に使う席に案内されるとのことで、ウェイターさんに146号室と告げると、座席はビーチに面した明るい席で一気にテンションが上がります。担当のウェイターはモハメッドさんで、意思の疎通に不自由ないレベルの日本語をしゃべることが出来る様子です。朝食を何を食べようかと並んだブッフェの食事を見ていると、SUB AQUA DIVE CENTERと文字の入ったポロシャンツを着た東洋系の女性がいます。事前にメールのやりとりをしたNさんに違いないと思い、「Nさんですか?」と声をかけるとそのとおりでした。8:30にダイブセンターでということで分かれて、急いで朝食です。

maldives319.jpg

maldives320.jpg

8:30にダイブセンターに来てくださいとのことでしたが、少し早めに着いて先ほど挨拶したちか子さんにブリーフィングを受けて、ダイビングに出発です。

maldives321.jpg

ポイントはLANKAN REEFです。エントリーするとすぐにモブラの群れが下を通りすぎます。タイマイ、チョウチョウコショウダイなどを見ました。

maldives322.jpg

maldives323.jpg

maldives324.jpg

ダイビングから戻ると昼食です。食事はハーフボード(朝夕食のみで昼食はなし)なので、バーで食事を食べることにしました。リゾートホテルの食事ですが、カレーが$7~$9.5、サンドイッチが$3.5~$6.5とリーズナブルな価格設定です。

maldives325.jpg

サンドイッチとカレーを頼んで2人で半分づつ食べました。カレーは非常においしかったのですが、サンドイッチのパンが乾燥してパサパサなのが残念でした。

maldives326.jpg

続いて午後はほとんどトラギリのハウスリーフといってもいいくらいに近いLOBSTER STATIONに潜りました。

maldives327.jpg

maldives328.jpg

maldives329.jpg

本当に魚が豊富でこんなに近くで楽しめるなんてすごい島です。で、エグジットすると目の前はトラギリの水上コテージです。こんなに近いんです。

maldives330.jpg

夕飯はまたビュッフェです。赤ワインを頼んで食事を楽しみましたが、二人とも料理を取りすぎてデザートにたどり着くことができませんでした。

maldives331.jpg

maldives332.jpg

4月にイクエーター号のクルーズで行ったばかりのモルディブですが、今度は初のモルディブリゾートへかみさんと二人で行ってきました。
maldives301.jpg
7時50分に家を出発していつものように京急、都営浅草、京成を使って成田空港へ向時20分に無事に成田に到着です。いつもならここで両替をするところですが、今回は前回のモルディブで使い残しのドルが残っているので、Travelexはレートを確認だけして素通りです。
maldives302.jpg
スリランカ航空のカウンターに向かうと今回も列は非常に短いです。あっという間にチェックインも完了し、カードラウンジでビールで出発を乾杯しました。
maldives303.jpg
今回もスリランカ航空のUL455便です。機体はA340ですがかなり古い機材の感じです。コントローラーが座席の肘掛に固定されているタイプです。
maldives304.jpg

maldives305.jpg

まずはドリンクのサービスで再びビールで乾杯です。
maldives306.jpg
しばらくすると1食目の食事です。メニューを見ると前回と全く同じ様子です。そこで僕は野菜天丼を選んでみました。かみさんはビーフでこれが出てきました。
maldives307.jpg

maldives308.jpg
そして機内エンターテインメントですが、なんと座席ポケットに入っている機内エンターテインメントの一覧を見るとなぜか今は6月になっているのに、4月から5月のものが入っていて、見られる映画が4月の前回と同じです。仕方なく再びワイルド7とゴースト・プロトコルをまた見て過ごしました。
maldives309.jpg

maldives310.jpg
そして再び食事です。前回と同じメニューを二人とも頼みました。
maldives311.jpg

maldives312.jpg
コロンボで乗り継ぎをしてからマーレまでのUL104便に乗り込みます。今回は3列-3列のA320でした。機体後部のタラップから搭乗しました。
maldives313.jpg
機内では前回と同じくカレーパンのようなものが配られました。そしてマーレが近づくと行われる儀式を経てようなくマーレに到着です。
maldives314.jpg
入国審査を受けて預け入れ荷物を受け取ると、STワールドのカウンターへと向かいます。Eチケットの控えを見せると、トラギリのカウンターへと案内されました。すぐにスピードボートに案内され、暗闇の中をトラギリに到着です。ホームページでは25分となっていますが、時計の見えない暗い船内ではもっと長く時間が感じられましたが、それでもようやくトラギリアイランドリゾート&スパに到着です。ウェルカムドリンクを頂き、部屋へ案内されるとフロントにほど近い146号室でした。
maldives315.jpg

maldives316.jpg

とりあえず長旅で疲れたので明日のダイビングの支度をするとベッドに潜り込みましたが、また今回も眠れません。うとうとしながらとうとう熟睡することが出来ませんでした。

↑このページのトップヘ