南の海で潜りたい

ダイビング好きのブログです。夫婦でのダイビング旅行を中心に日々のつれづれを書いています。

朝ゆっくりと起きるとホテルのレストランで朝食を食べます。ビュッフェ形式で中華のメニューを中心にパンなどもありました。サラダやフルーツがあるのは有難かったです。
tw110



部屋に戻って一休みしてから、かみさんが行ってみたいと行っていた迪化街という町に行ってみようということでバスに乗ってみましたがなんかGoogleMapsを見ると行きたい方角から遠ざかっています。これはまずいとバスを降りて近くの地下鉄の駅から迪化街に近い北門の駅まで行って歩いて行ってみました。歩いて行くとなんか町が異常に賑やかです。
tw111
街に掛かっている掲示を見るとどうも早々と春節が始まっているようです。ツアーを予約する前に今年の春節は2月8日からとネットで確認していたので大丈夫と思っていたのですが迪化街は春節の準備をする人の為に今日から春節モードのようでした。
tw112
なんて大量に袋に入っているの!とびっくりしてよく見ると一番左のまだ中身のない袋はオレンジ色のかさ増し用の筒が見えてました。
tw113
大稲埕慈聖宮天上聖母にお参りをしました。お線香とお供え物を購入したもののどうすればいいのかよく分からなくてうろうろしてしまいましたが、お線香売り場の女性がお参りの仕方を教えてくれました。
tw114
ここの周囲に屋台が何件もあってこの中の一軒に行列が出来ているのでここで食べようと並んでみました。
tw115
原汁排骨湯と魯肉飯、それにキャベツを食べました。どれも美味しかったです。
tw116
ここで一度ホテルに戻って少し休んでからバスで九份に行こうとバス停に行ってみました。バス停はややこしくてだいぶバタバタしながらたどり着くと様子を見かねたのか現地の方が日本語で話しかけてくださいました。で、バスで九份に行こうと思っていると話すとここから九份に行くバスは無いと言われて、いやこの路線図で九份に行けるように書いてあると言うとバス会社のホームページでバスの運行状況が見られるみたいで調べてくれてもうすぐ来ると教えてくれました。しかしなんか乗る予定の965の番号で文章が貼ってあります。Google翻訳で見てみると「当社の高速バス[965]では、沿線駅での待機者が多数の場合、沿線駅での乗客数を抑制するため指定席制度を導入します。」と書かれています。周囲には同じ965に乗りそうな人が数人集まってきました。
tw117
ちょっと待ちましたが来たバスはそれほど混んではいなくて無事に座ることが出来ました。あといくつかバス停を回ってほぼ満席になってバスは高速道路に乗りました。
tw118
高速道路を延々と走って一時間もかからずに九份に到着しました。さっそく町の中へと入って行きました。
tw119
そして宮崎駿のアニメ「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルはここではないかと言われたこともある阿妹茶樓が見える場所に来て記念撮影をしました。
tw120
その阿妹茶樓に入ってみようとお店の列に並びました。
tw121
しばらく待つとお店に入ることが出来て最上階のオープンエアの席に座ることが出来ました。300元のお茶とお菓子のセットのみの提供とのことでさっそくお茶のセットが運ばれてきました。
tw122
お店の方が日本語で丁寧にお茶の入れ方を教えてくれました。
tw123
ゆっくりとお茶を飲んでから、またバスで台北市内に戻りました。バスを降りると春節のための飾りつけが行われていました。
tw124
お腹がすきましたが、屋台で大腸包小腸、鶏排、起司瀑布を購入してホテルに帰ってシャワーを浴びてから頂きました。
tw125

コロナウイルスの流行が始まってからずっと海外に行っていませんでしたが、パラオの帰りに少しだけ過ごした台湾が旅行先として人気らしいので一度行ってみたいとずっと思っていました。海外旅行に行きたいと思って色々と検索しているとLCCを使ったお得な台湾旅行が掲載されていていいなと思っていたら阪神の優勝記念ということで更に安くなっていてこれは行くしかないだろうと申し込みました。というわけで2020年2月以来の成田空港です。
tw101
今回はシンガポールのLCCのスクートを使ったツアーです。チェックインしようと第1ターミナルのIカウンターに行くと行列が出来ていました。
tw102
搭乗する36番搭乗口が近づくとポケモンの描かれた機体が見えてきました。どうもこちらの機材に乗れるようです。
tw103
機材はLCCとしてはめずらしく大型のBoeing787なので搭乗も大行列です。乗り込むと機内もポケモン仕様でした。
tw104
台湾桃園国際空港へ着くと現地ガイドの方と無事に合えて同じ便で来る他の方はまだとのことだったのでその間に今台湾旅行のキャンペーンで運が良ければ5000NTDの電子カードが貰えるサイトに登録していたのでその抽選に行ってきましたが残念ながら僕もかみさんも外れでした。
tw105
しばらくすると全員揃ったとのことでこちらのバスで台北市内へ向かいます。ガイドさんの台湾観光の大変楽しい説明を聞いている間にあっという間に台北市内に入り最初に僕らの泊まるHotel PaPa Whaleに到着しました。
tw106
お部屋はこんな感じですが、全体的にわざと古めかしい感じに仕上げてあっておしゃれな感じを狙っている様子です。まあ台湾のお安いホテルなのでバスタブはなくシャワーのみですが部屋はそれなりの広さでツアーの価格を考えたら上出来の部屋でした。
tw107
もう時間は夕方になっていたので夕食を食べようとホテルの近所を歩いてみました。小螺波 西門店 - 台湾螺螄粉第一品牌というお店に入ってみました。店先には順番待ちをしているらしい人がいましたが、順番のシートを発行する機械が置いてあって呼び出されるとそこに番号が表示されるので中国語の分からない僕たちにも安心の仕組みでした。注文も写真付きのメニュー表があってオーダー用のメニュー名が並んだ紙が置いてあってそれに記入すればいいだけなので助かりました。麻辣臭臭豆腐螺蛳粉/飯というのを食べてみました。メニュー名に臭豆腐という文字が入っていたので臭いがきつくないか心配でしたが、特に強烈な臭いではなくて辛めの味でしたがおいしかったです。
tw108
ホテル前のセブンイレブンで台湾ビールを買って部屋で飲みました。しかしセブンイレブンの出店密度がめちゃくちゃ高いです。あとファミリーマート(こちらでは全家)もたくさんありました。しかし、こうして現地のビールを楽しめるのも旅の楽しみです。朝が早かったので早めに就寝しました。
tw109

朝起きるとすぐにホテルをチェックアウトし空港へと向かいました。
HTB150
朝食は福岡空港の博多やりうどん別邸こ行きました。博多のうどん、確かにやわらかくてふわふわでした。そしてダシが本当に美味しかったです。
HTB151
羽田へは行きと同じくANAの787で帰りました。
HTB152
羽田空港からはいつものように急行に乗りますが電車は発車する直前でした。12時ころには家に帰りつくことが出来ました。
HTB153

昨日ホテルにチェックインした際に朝食のレストランは朝の早い時間は団体の学生さんで混みあうことが予想されますとのことだったのでゆっくりとレストランへ行きました。ブッフェ形式で僕は洋食を並べましたが、和食も色々とありましたのでかみさんは和食の並んだ朝ごはんを食べてました。
HTB136
朝食を終えるとすぐにチェックアウトして園内に出かけました。まずはカロヨンファンタジアに入りました。ちなみにカロヨン(カリヨン)とは多数の鐘を音律に従って配列し,鍵盤や機械仕掛けにより打ち鳴らす楽器で中世ヨーロッパで流行したものです。組鐘。カリオン。カリロン。カンパネッタ。ベルなどとも呼ばれるものです。
HTB137
続いてお隣にあるアートファンタジアに入りました、なかなか豪華なプロジェクションマッピングでした。
HTB138
次にハウステンボスで一番目立つドムトールンに登りました。
HTB139
地上80mの展望室にエレベーターで昇るとハウステンボスの園内がよく見渡せました。
HTB140
ハーバータウンに移動し、伊万里焼を中心にした陶磁器の美術館のポルセレインミュージアムに行きました。たくさんの見事な陶磁器を見ることが出来ました。中国の陶磁器から朝鮮半島を経て日本に伝わりヨーロッパに輸出され更にそれが発展していった歴史が実物の陶磁器を見ながら分かるなかなか興味深い施設でした。
HTB141
カナルクルーザーに乗ろうかとドムトールン下の乗り場まで行ってみると間もなく出発するゴンドラに席の空きがあるとのことでまたゴンドラに乗りました。ウェルカムエリアへと行き、ジュエリーショップでリングを買おうかと思ったのですが残念ながら気に入ったものはサイズが無くて買うことが出来ませんでした。ここでお昼ご飯時になったので、近くにあったブループリントでお昼にしました。建築デザイン事務所の作ったカフェとのことで素敵な店内で美味しいコーヒーとパリジェンヌというのをいただきました。
HTB142
そして今度こそカナルクルーザーに乗ってまたドムトールンの下へと行きました。
HTB143
先ほどギヤマンミュージアムに行ってみたらここは結婚式場としても使われていて式が行われるため入ることが出来なかったのでもう式は終わっただろうということで行ってみると無事に入ることが出来ました。
HTB144
いい天気の中を歩いている間にすっかり暑くなってしまったので、みつばち牧場でソフトクリームを買って日陰のアンブレラストリートで食べました。
HTB145

そろそろ予約していた博多駅行きのハウステンボス号の時間が近づいたのでハウステンボス駅へと向かいました。
HTB146
ホームにはもうハウステンボス号が停まっていました。
HTB147
博多駅に到着すると今晩泊まるエスペリアホテル博多へと向かいました。部屋はかなり狭めだったのですがバストイレがきちんと分かれた作りになっていてやはりこういうのがニーズが高いのだろうなと感じました。
HTB148
部屋に荷物を置くと夕飯を食べに初日の昼にも行って大行列で入るのを諦めたKITTE博多のしんしんに行きました。今日も大行列でしたがこの後はお土産を買うくらいしか予定は無いので列に並びました。列はどんどん進んで思っていたほど時間はかからずに席に案内されました。煮玉子入りラーメンを頂きました。いやーおいしかったです。やきめしも一つ頼んでかみさんと2人で頂きました。
HTB149
食べ終えると博多駅のお土産品売り場に行って少しお土産を買ってからコンビニに寄って少し飲み物とつまみを買ってホテルに戻りお風呂に入ってから軽く飲んで就寝しました。

今日は8:37博多駅発のハウステンボス11号でハウステンボスに向かうので朝起きるとすぐにホテルをチェックアウトして朝食はホテルのすぐ近くにコメダ珈琲があったのでコメダ珈琲でモーニングを頂きました。
HTB113
たっぷりブレンドコーヒー美味しかったので、こんなもので十分です。
HTB114
ハウステンボス号の発車するホームには余裕を持って到着して車両の来るのを待っていると現れた車両はなんか予想と違う色です。どうも先頭は途中まで連結して一緒に行く佐世保行きのみどり11号のようでした。慌ててホームを歩いて予約していたハウステンボス号の3号車まで移動して乗り込みました。
HTB115
ハウステンボス駅までのんびりと移動して到着しました。さっそくハウステンボスに入ります。
HTB116
ハウステンボス内はクリスマス仕様です。
HTB117
12月だというのにまるで寒く無くてフラワーロードにはパンジーをメインに綺麗に花が咲いていました。
HTB118
お昼ごはんを食べようということで一度食べてみたかった佐世保バーガーを食べようとエバーカフェで佐世保バーガーを食べました。そしてアートガーデンの白い観覧車に乗りました。
HTB119
観覧車で高い位置から素敵な街並みの向こうに海も見えました。
HTB120
パサージュのポインセチアの鮮やかな赤いクリスマスツリーが見事でした。
HTB121
一度入口近くまで戻ってゴンドラに乗って運河をすすみます。こちらの素敵なお家はワッセナーと名付けられた分譲地です。クルーザーが係留された家もたくさんあって素敵でした。
HTB122
ここでホテルにチェックインできる時間になったのでチェックインしました。今日一泊だけ奮発してハウステンボスの有料エリア内の唯一のホテルのホテルアムステルダムに泊まります。部屋はスタンダードツインの部屋を予約していたのですが今日は修学旅行の団体さんがいるとのことでクラブフロアの四階の部屋に泊まることが出来ました。素敵なお部屋でした。
HTB123
夜のショーやライトアップを楽しみたいので早めに軽く夕飯を食べました。ドムトールンというタワーの下の運河脇にある運河テラスバルで運河を見ながらいただきました。夕方の屋外でしたが寒いことは無くて、安定のおいしさのプレミアムモルツを楽しむ「ことが出来ました。
HTB124
夕焼けがきれいに見られれば最高だったのですが、残念ながら空はほとんど赤みをおびずに日が暮れていってしまいました。
HTB125
そして今回どうしても見たかったチャペルのスタッドハウスの前で行われるゴスペルのショーのメロディ・オブ・クリスマスを見に行きました。圧巻の歌声で素晴らしいショーでした。
HTB126
続けて全長85mの噴水が音楽と光に合わせて動くショーを見に行きました。
HTB127
噴水のショーが終わると水車の近辺のライトアップを見に行きました。昼間の綺麗な花たちが全てライトアップされていてさらに綺麗でした。
HTB128
次はちょっと離れていますが三階建てのメリーゴーラウンドのスカイカルーセルに乗りに行きました。1階、2階、3階と順番待ちの列が分かれていて当然の如く3階が一番待ち時間が長くて40分待ちと表示されていましたがやはりここは3階の列に並びます。実際にはそれほど待つことも無く乗ることが出来ました。
HTB129
続けてそのお隣のクリスマスタウンのゴスペルショーを見ました。クリスマスツリーの前で先ほどの教会前のショーとは違ってポピュラーソングなどが歌われてこれも楽しいショーでした。
HTB130
アンブレラストリートもLEDライトに照らされた傘が綺麗でした。
HTB131
パレスハウステンボスの庭園のライトアップも良さげだったのでちょっと遠かったのですが行ってみました。クラシック音楽の名曲に合わせてライトが点滅するのですが、最大に光ったときでもWEBサイトで見られるような光景と比べるとちょっと残念な感じでした。
HTB132
庭園を囲むように永遠のアーチという名前の回廊になっていてここは素敵でした。
HTB133
ホテルアムステルダムに戻るともう閉園時間を過ぎていたので人もまばらで灯も落ち着いた色でよかったです。
HTB134
ホテルの部屋に入りお風呂に浸かって休んでから昼のうちに買っておいたハウステンボスオリジナルのスパークリングワイン「DC ヴァン・ムスー ドゥミ・セック」を部屋に備え付けのワイングラスでちょっと優雅な気分で飲んでから就寝しました。
HTB135



↑このページのトップヘ