南の海で潜りたい

ダイビング好きのブログです。夫婦でのダイビング旅行を中心に日々のつれづれを書いています。

緊急事態宣言下で先の見えない日々が続いていますが、3月下旬以降のANA国内線の特典航空券の予約が始まったので、海外はまだ当分無理かなぁということで7月の那覇便を予約しました。楽しみです。
okinawa1434
写真は昨年10月の沖縄でシーサーさんのボートです。今度はどこのショップにお世話になるか悩み中です。

新年あけましておめでとうございます。昨年は新型コロナウイルスで思うように海外に行けずもどかしい一年でした。今年もまだまだ海外ダイビングの目途は立ちませんがどこの海でも海は一つに繋がっていると思うのでどこででも潜りたいなと思います。
okinawa1235

ホテルでチェックアウトの11:00ぎりぎりまで機材を乾かしてからゆいレールで那覇空港に向かいました。那覇空港も自動手荷物預け機が使われていました。
okinawa1450
志貴というお店に入ってみました。
okinawa1451
沖縄そばとタコライスのセットを食べました。
okinawa1452
カードラウンジで時間をつぶしてから手荷物検査場に行きました。飛行機は定刻に出発しました。
okinawa1453
機内では行きと同じくアナと雪の女王2を見て過ごしました。見終わると機体はもう千葉の上空に来ていました。羽田空港には定刻よりも少し早めに着きました。

okinawa1454
京急はちょうど出発ぎりぎりの電車に駆け込んで乗ることが出来ましたが電車が遅れていて家に帰り着いたら21:00になっていました。

今日の慶良間もいい天気になりそうです。波も治まってきそうです。

okinawa1432
昨日は7:45ピックアップでしたが、今日は5分早い7:40ピックアップでした。
okinawa1433
昨日はLucky号でしたが、今日はLove号です。ショップから少し離れた場所に停泊していたので、バスで送ってくれました。
okinawa1434
慶良間に到着すると1本目は黒北ツインロックに潜ります。


グルクンが群れていました。


トゲチョウチョウウオもいました。
okinawa1435
キンギョハナダイも群れていました。
okinawa1436
2本目は夫婦岩に潜ります。エントリーするとアーチをくぐります。
okinawa1437
オトヒメエビがいました。
okinawa1438
タテジマキンチャクダイもいました。
okinawa1439
ミナミギンポが穴から顔を覗かせていました。
okinawa1440
ここでもハナヒゲウツボがいました。
okinawa1441
ウミウシのたまごが花びらのようでした。
okinawa1442
ここでお昼です。昨日と同じくおにぎりです。
okinawa1443
3本目は今日もマンタを期待してウチザン礁に潜ります。ガイドのコンさんがフロートを上げて魚を集めようとしますがうまくいかなかったようです。
okinawa1444
グルクンがこんな低層に集まっていました。
okinawa1445
ツバメウオもいました。
okinawa1446
ユキヤマウミウシが岩陰にいました。
okinawa1447
タテジマキンチャクダイの幼魚が泳いで行きました。
okinawa1448
結局マンタは今日は見ることが出来ませんでした。まあ昨日見ることが出来たので十分に満足です。那覇に戻ると機材を洗ってからログ付けとダイビング代金の清算をしてからホテルへと送ってもらいました。

夕飯はホテルの前の国道58号線をはさんで目の前のハイウェイ食堂に行きました。
okinawa1449

朝起きて天気予報を見てみると渡名喜の天気は波はちょっとありそうなものの良い天気になりそうです。
okinawa1411
迎えのバスに乗り、ショップに着いてCカードの確認を終えると港まで歩いて行って今日のボートのLucky号に乗り込みます。ボートは途中かなり揺れましたがダイビングポイントに着くとちょうど島陰で風があたらず穏やかでした。1本目は渡名喜島の五六の崎(ブルーコーナー)に潜ります。潜るとまずはハナゴンベがいました。

okinawa1412
アカネハナゴイが緑の上できれいです。
okinawa1413


ハナゴイもたくさんいました。
okinawa1414
エントリー直後にも群れていましたがエギジット前でもカスミチョウチョウウオが群れていました。
okinawa1415
水面休憩の後、先ほど潜ったポイントのすぐ横の島尻崎ホール(ブルーホール)に2本目は潜ります。エントリーして少し泳いでからホールに入ります。イセエビが穴から頭をのぞかせていました。
okinawa1416
外からの光がきれいです。
okinawa1417
ホールの外に出るとアマミスズメダイが群れていました。
okinawa1418
ガイドのコンさんがモザイクウミウシを探してくれました。
okinawa1419
ゼブラハゼがたくさんいました。
okinawa1420
モンツキカエルウオが穴から顔を覗かせていました。
okinawa1421
ここでお昼です。渡名喜島の島陰にそのまま留まってお昼ご飯を食べてから昨日慶良間のウチザン礁でマンタが出たとのことで今日も出るかもしれないので3本目は慶良間に移動します。

ウチザン礁でエントリーするとすぐにロウニンアジが現れました。
okinawa1422
ハナヒゲウツボがいました。これを撮ったあとにももう一匹いました。
okinawa1423
ツユベラの幼魚がヒラヒラ泳いでいました。
okinawa1424
そして待望のマンタが登場しましたがちょっと遠いです。そしてこの後中層に上がったマンタを追いかけていく非常識なダイバーが一人いてマンタはどこかへ泳いで行ってしまいました。
okinawa1425
この後は魚の多い根に行って遊びました。
okinawa1426
タテジマキンチャクダイもいました。。
okinawa1427
そしてまたロウニンアジが現れました。
okinawa1428
ここで時間切れでエギジットしようと深度を上げて行くとなんとこのタイミングでマンタの再登場です。
okinawa1429
少しの時間でしたが慶良間のマンタをこの目でしっかりと見ることが出来て満足です。
okinawa1430
那覇への帰りは行きほど海は荒れていなかったのですが、かみさんが船酔いでダウンしていました。

ホテルに帰ると少し休んでかみさんが回復してから昨日と同じ花咲に行って夕飯を食べました。
okinawa1431

↑このページのトップヘ